認知症ケア専門士という民間の資格があるという。

年は誰でもとっていくもので、認知症の不安は誰しもあるものです。日本認知症ケア学会が認定する民間の資格で、認知症ケア専門士という資格があるそうです。初めて聞きました。認知症ケアに対する優れた学問と高度な技能、倫理観を備えた専門技術士の養成を目的に設立されたそうです。全国では約3万人が資格を持っているそうです。資格取得後も、学会主催のセミナーへの参加や学会誌への論文投稿など決められた単位をとることで、5年事に更新する必要があるのだそうです。これは大変ですね。大変な勉強をして、日々学んでいる方々いるんですね。

介護や医療の現場で、家族や患者から色々な質問を受けると思います。大変なことが多いので、不安に思うし、日々なんとかならないものかと思っているものだと考えます。「怒ってもいいものだろうか。」とか、「夕飯食べていないと言っているけれど、何回も食べていいものか。」とか、「幻覚にはどうやって対処したらいいのか。」とか悩みはつきません。そんな不安を解決してくれる人達がいると心強いですよね。このような仕事をしてくれている人がいることを知れてよかったです。ストラッシュ 全身脱毛 効果