仮に短い予算の事例でも、日本語だけは綺麗に

少ない単価のイベントは、なんとなく、データ産物が手抜きに罹る。
でも、日本語だけは綺麗に書きたいと考えている。
『数学本文礼儀』という雑誌で、副詞や接続詞はひ陣がなにすると習った。
そうすると、予め、お先に、などのように、綺麗な読みやすい日本語に至る。

そういったことを勉強しながら、始終学んでいきたい。
いまは、良い日本語をかけていると想う。『数学本文礼儀 はじめバージョン』を読んだお引き立てです。
こういう雑誌に出会えて良かった。望ましい。1000円だったが、安すぎるぐらいです。
良い技法が人一倍詰まっていて、勉強になる。
たからものを手入れするかのように、ていねいに読んでいる。
でも、ひ陣がなに開くと、文字数かせぎだと思われないか心配。
漢字変更のところは綺麗に漢字変換している。

人物からも、やっぱり本文のプロ、と言われた。有難い。
物理的に聞いたり、言ったり、見たりするときは、いう、探る、訊くをつかう。
物理的に聞いてない時は、言う、見る、きく、を扱うなど、非常に参考になった。